韓国発新技術のまつ毛エクステ日本初導入
テープ貼らない施術、自まつ毛の損傷100%無し
HOME CONTACT US FAVORITES  
   
 
 
何で?テープを貼る施術は良くないですか?
ラッシュラボは安全なラッシュラボ?用のぐル?と人工まつ毛を使用し健康的な自まつ毛を維持する事が第一になります。
 
 
まつ毛のエクステンションや増毛術を施術する場合、 施術するデザイナーの立場として一番容易なのがテープを付けることです。 テープを付けて施術をすると作業者の場合は、より作業時間が早く済みます。 また、トレーニングの期間も長くありません。 では、どうしてテープを付けない施術を固守するのか、これからじっくりお知らせ致します。

まず人間の肌には「きめ」があります。
直毛でするするとした形をしている人もいますが、殆どが一定の方向性を持つきめを持っています。 それでは、テープを使って施術をする場合、 このきめに沿ってテーピングが可能でありますでしょうか? 違います。テーピングを貼って施術することになれば、一本ずつ全てを付けるのではなく、 2~3本に1つのまつ毛を付けることになります。 また、自まつ毛の元からではなく、自まつ毛の中間部分程度から仮毛をつけることになります。
 
 
そのため、取り付ける仮毛(人造眉毛)のカール方向と実際のまつ毛のきめの方向が全くに合わなくなります。
また、2~3本ごとに1つの仮毛をつけるため、
仮毛がなくなったら本人のまつ毛も一緒に抜けてしまう事態が発生します。
しかし、最初に施術したときは、この差異を容易に見つけられません。ある程度睫まつ毛が伸び始めたら、
この方向性がひねてしまうので、付けておいたまつ毛と実際のまつ毛のカールの方向性が食い違うので綺麗に維持することができません。
テープを付けずに作業する施術の一番よい取柄として、まつ毛一つ一つに1対1の仮毛を取り付けることができる点であります。

また、自まつ毛の元こに付けるため、カールの方向性やきめの方向性に従って施術が可能である点です。
このように、施術をすれば作業者を、もっと苦労しなければなりませんし、また、時間もより掛かります。また、もっと長いトレーニングの期間が必要になります。
しかし、仮毛落ちた時、自分のまつ毛まで一緒に抜けてしまう恐れがありませんし、まつ毛のきめに沿ってくっ付いているため、
ほかの施術よりももっと綺麗に維持ができ、また、その期間も長くなります。
テープを使う施術との決定的な違いがこれですが、私たちがテープを使わない施術を固執するのがこの理由です。

それ以外にも、テーピングを付ける施術よりもグルーが少なく使用され、痛みや痒みが極端に少ないという点、目の周囲に皮膚は弱いので長時間テ
ープをつけながら施術した場合、皮膚の弾力性が劣ってしまい、また、接着剤の成分が刺激を与えるという点、テープを取り外したら、皮膚に物理的な刺激が加えられ、 皮膚がたるんだり、皺ができてしまうなど、いろんな短点が存在します。
テープを付けない施術法は、学んでから実際施術を行うまで、たくさんの練習とトレーニングが必要となる高級技術です。
1対1でまつ毛ごとに一本ずつ取り付けなければならないので施術時間ももっと長くなります。しかし、施術後の満足度が維持される期間、
そして、本人の貴重なまつ毛が施術によって落ちないということを考慮し、必ずテープを付けない施術を行うことをお勧め致します。
 
  株式会社 Beauty Labs Trading 会社概要 LASHLABS 商標登録番号:登録弟5572465 〒311-0105茨城県那珂市菅谷2468-40 営業時間:平日10:00~18:00 / TEL, FAX : 029-291-7079
COPYRIGHT(C) LASHLABS All rights reserved. Design by NSTAR